toggle
2020-11-18

先輩からの・・・

家に帰ったら小包が・・・
差出人を見てみると私の尊敬する先輩の一人から・・・
中を開けてみると下記の手紙?とお祝い?のお品が

美容師になった時の最初のお店の先輩で、それはそれは怖くてw気軽には話しかけれない雰囲気が凄かったんですが、仕事は正確だし、指導は的確だしで、コンテストで結果は出してるし、それはそれは学ぶ事が多くて、その先輩が独立してどうせなら上手な人の所で学びたいなぁ~と思い、最初のお店の義理も果たしてから、後を追うように先輩のお店に入れてもらって色々学んでいたんです。

先輩のお店も独立してからまだまだこれからって時で、中途で入ってスタイリストの条件で入ったのもあり、自分の役割を考えるとまずは早く結果を出さないといけないと思いがむしゃらに頑張っていた懐かしい思い出がよみがえります☆

そんな先輩とも今でも仲良くさせて頂いていて、事あるごとに可愛がってもらってます☆

なんかわかんないけど、こういった関係性ってお互いがちゃんとしてないと続かないと思うんですよね。

「今も、感謝しています。」の言葉であの時のあの頑張りは自分の為でもあるけど、ちゃんと人の役に立っていたんだなぁ~って心がザワザワしました。

という、どうでもいい話でした☆

おやすみなさい☆

同じテーマの人気記事
Comment





Comment